Yoppyさん社員インタビュー

2017年AppMediaに入社。現開発事業部アートディレクター。
サイトデザインなどの質を大幅に向上させ貢献。長年の経験を活かしたデザイン能力やデッサン力を発揮し活躍し続けている。

ーAppMediaへの入社の経緯を教えてください
自分自身が子どものときからゲームが好きで、前職でゲーム開発や広告デザイン、メディア事業部のデザイナーとして働いていましたので、好きなゲームに携われて、デザインスキルを活かせるのではないかと思い応募しました。

また、代表との面談で新規事業にも色々チャレンジしていきたいと伺ったので、新しいこともできそうだし未来もワクワクするなと。

あとコーポレートカラーが他の競合メディアと違い、暖色の明るいオレンジなので、明るい雰囲気かもしれないと思い応募しました(笑)

ーどのような業務を任されていますか
AppMediaのデザイン改修や新機能のUIUXデザイン、新規事業のアバターコミュニティ等のUI/UXデザイン、キャラクターデザイン、ゲームのデザイン、アニメーション、アートディレクションetc…。

その他新しく立ち上がった事業のデザインなど何でもやっています。

ーやりがいを感じる時はどんな時ですか
作ったものに対してユーザー様から良い反応があったときがなにより嬉しいですね。
もっと楽しんでもらえるもの、便利なものを作ろうと自分で考えて作れるところもやりがいを感じます。

新規事業の制作では自分たちでゼロイチで考えて物を生み出し育てていくという大きなベンチャーにはないワクワク感があります。

スキル面でもデザイン周りはもちろんのこと、プロットなどを骨格部分から考えて作れるし、アニメーションツールやコーディングやプログラムなど、意欲があればなんでも習得できる環境だと思います。

あとデザインする前に対象のゲームやサービスをやり込んだり、
先輩サービスのセミナーの聴講に行ったり、ユーザー層やビジネス形態まで色々調べものをしますが、
そうしたインプットする時間も視野が広がり、新しい発見があり、貴重な経験になっていますね。

ー逆に大変(辛い)と思う時はどのような時ですか
新しいことにもチャレンジできる会社ではありますが、そのためには新しい社内文化や価値観、クリエイティブへの理解等を浸透させていく必要があると感じていて、そのあたりは正直ハードルが高く感じますね。

なので共感してくださるお仲間募集しております(笑)

ーそれでは最後に今後の展望を教えてください
僕は子供のときから毎週欠かさず雑誌のファミ通さんを読んでいるのですが、
その体験みたいに、AppMediaがAppMediaだから楽しいし毎日見にいこうって思えるサイトになればいいなと思ってますね。

また、ゲームメディアのみならず、新しい事業も大きくなり、様々な事業のスタッフ、ユーザーさんで世の中を明るく楽しく盛り上げるような会社になったらいいなって思いますね。

別のスタッフインタビューを見る